Topics

YAMAHA FG-150、赤ラベルとライト・グリーン・ラベルは本当に違うの?

YAMAHA FG-150の赤ラベルとライト・グリーン・ラベル、
本当に違うの?

どちらの個体も数本弾いてみたのですが、
赤ラベルの中にも良く鳴る個体もあります。

1972年製作のシリアルが2で始まるFG-150は、
確かにグリーンラベルのFG−170のような感じがした。

それ以前の1971年製作の個体までは、
同じサウンド傾向ではないでしょうか?

1966年から1967年製作の個体は、
ボディ内部にも塗装がしっかりしていたり、
何となく造りが違う感じ。

量産されるようになってから、
当たり外れがあるというのも事実だと思う。

いずれにしても、40年以上経過しているので、
やはり、最後は個体の取り扱われ方も大きいと思う。

関連記事

  1. 外見は悪いけど、良く鳴るFG-150です!
  2. 私の所有のYAMAHA FG-110とFG-150を弾いてみまし…
  3. 衝撃のファーストタイム
  4. 赤ラベル、新・旧2本弾き比べ!
  5. FG-150シリーズ別世代4本弾き比べ!
  6. 月9ドラマ「ラヴソング」で藤原さくらさんが弾いてたFG-150
  7. 赤ラベル、新・旧2本によるDuo!

Language

Guitar Samples

  1. FG-150 S/No,559XXX

  2. FG-150 S/No,569XXX

  3. FG-150 S/No,593XXX

  4. FG-150 S/No,599XXX

  5. FG-150 S/No,611XXX

  6. FG-150 S/No,613XXX

  7. FG-150 S/No,642XXX

  8. FG-150 S/No,803XXX

  9. FG-150 S/No.892XXX

  10. FG-150 S/No,899XXX

  11. FG-150 S/No,979XXX

FG-150 仕様 -spec-

歴史 -History-

PAGE TOP