spec

ペグ – Pegs –

FG−150で使用されているペグは、2種類あります。

発売当時に使用された「初期肉厚タイプ」と、
赤ラベル期以降の「後期肉薄タイプ」です。

初期肉厚タイプペグ:

ペグの廻すツマミ部分が肉厚で、メッキもしっかり載っている印象があります。
製作されてから約50年が経過した今日でも、輝いている個体が多いです。

メンテナンスで磨いた場合、割と簡単にサビが落ちます。

後期型より厚さがあるので、4弦、3弦が廻し易い気がします。

後期肉薄タイプペグ:

赤ラベルになってからすぐにこのタイプのペグに変更。
ペグの廻すツマミ部分が薄くなり、中心に線が入っている。

サビでしまった場合、初期の肉厚ペグと違って、
研磨しても、なかなかサビが落ちない。
やはり、若干メッキが薄いのかもしれませんね。

 

関連記事

  1. ロッド・カバー – Truss Rod Covers…
  2. ラベル - Label –
  3. ロゴマーク - Head Logo –
  4. ピックガード – PicGuard –

Language

Guitar Samples

  1. FG-150 S/No,559XXX

  2. FG-150 S/No,569XXX

  3. FG-150 S/No,593XXX

  4. FG-150 S/No,599XXX

  5. FG-150 S/No,611XXX

  6. FG-150 S/No,613XXX

  7. FG-150 S/No,642XXX

  8. FG-150 S/No,803XXX

  9. FG-150 S/No.892XXX

  10. FG-150 S/No,899XXX

  11. FG-150 S/No,979XXX

FG-150 仕様 -spec-

歴史 -History-

PAGE TOP